IT・WEBで転職でおすすめは?

インターネットの普及に伴って需要が増している職種にITWEB分野がありますが、いずれも高度な技術を要する職種ということもあってスキルを身につけるまでの大変さがあります。

しかし、これからも需要が絶えずあることが想定される分野であるため、スキルを身につけて転職することのメリットは高く、ITWEB分野でもゲームやデータサイエンスティスト、システム開発などさまざまな仕事があります。

これから新たにスキルを身につけて転職に繋げたいと考えている場合は求職する側のスキルの高さと企業が求めている人材をマッチングさせることがポイントになり、この業界に卓越したエージェントにサポートしてもらうこともおすすめです。

ITWEBへの転職に心強い味方になるのが転職サイトや求人サイトなどになりますが、これらの中には専門性の高い仕事を中心に取り扱っているサイトや非公開求人、自分にあったスキルにマッチングした仕事を探してもらうことができるサポート支援などがあります。

このような専門性の高いサイトについてもインターネットを使うことで簡単に利用することができるようになっていて、自分のスキルを登録しておくとスカウトしてもらえるスカウト制度が導入されている転職支援サイトは特におすすめです。

スカウトしてもらうことができれば、自分のスキルや職歴などから気に入ってくれて声をかけてもらっているので、自分から求人に応募する場合に比べても仕事は決まりやすい特徴があります。

いろいろな経験がしたいという場合はITWEBの専門会社を選ぶのではなく一般企業の中にあるITWEBの部署に所属するなどもおすすめで、この場合は他の経験もしながらスキルを高めていくことができます。

その道に精通した人になりたいのであれば特定の分野のITWEB関連の会社がおすすめですが、転職した後に仕事をすぐに辞めてしまうことが無いようにも働きたいと考えている職場の情報は事前にきちんと収集しておく必要があります。

最近の一日の流れ

赤ちゃんがいて時間に不規則ながらも、最近では何となく一日がうまく流れるようになってきました。生後3か月を超え、私も長女も赤ちゃんとの生活に慣れてきたのだと思います。(夫は帰宅が遅いので普段はいません)

大体朝は7時から8時の間に授乳をします。授乳を終え、長女の幼稚園の支度、洗濯ものを干します。洗濯は極力、一日休んで二日やる、という風にしています。洗濯をする日は量が増えますが、やらない日を作らないと疲れてしまうので。その後お風呂掃除やトイレ掃除、長女を幼稚園に送り、午前中は家のことをバタバタとやります。

午後からはのんびり赤ちゃんとお散歩したり、録画してあるドラマを観たりします。3時になると洗濯ものを入れ、畳み、長女のお迎えです。帰宅した長女とおやつを食べ、晩御飯の支度、夕食、お風呂、という流れです。これだけなのですが、リズムをつかむまでは結構苦労しました。あとはこのリズムを崩さないように上手に生活していきたいです。シンガポールで働くための転職エージェントはhttp://seiyou-hp.com/をご覧下さい!

ITへ転職したときの給料の相場は?

it業界に転職する目的として給料の条件が良いので仕事を変える人も少なくありませんが、it業界で働くだけで高収入であるというイメージは昔から自然と作られています。

しかしすべてのit業界で働いている人が満足のいく給料を貰っているとは限らず、一般的な平均年収と比べて低い年収の人も中にはいます。

一方で高い給料を貰っている人もいるのが特徴で、このような給料の差というのは働いている会社の違いやその人のスキルによって変わってくるため、一概には言えないところもあります。

給料の相場という点で見た場合に最低年収や概ね150万円から200万円程度、最高年収の場合は1000万円前後になっているので、相場として考えた場合は年収500万円程度になります。

さらに細かく見るとソフト系の職種であれば500万円前後になっているのに対して、プロジェクトマネージャーのように責任ある立場として働く場合は800万円前後が相場になっており仕事に対する責任度によっても給料は変わってきます。

少しでも良い条件で働きたい場合は事前の情報収集がポイントになりますが、求人サイトや転職支援サイトなどを利用して求人情報をチェックすることによって、それぞれの会社がどれくらいの給料で求人を出しているのか知ることができます。

ここに提示されている金額を平均化することによっても大まかな給料を知ることができますが、求人情報に掲載されている金額については最高年収である場合があり、最初からその金額を貰うことができるわけではないという点にも注意する必要があります。

転職をすることによって給料が下がる場合であっても、昇給の効率が良い場合は前職の給料を超えてくることも十分にあるので提示されている給料だけでなく継続して働く場合にどうであるかという点についても確認しておく必要があります。

また、年収で考える場合は給料だけでなく同時に賞与も考慮する必要があり、月給が低くても賞与が高いと働くメリットは高くなります。

ITの転職回数が多くてもできる?

どんな職種においても転職回数が増えれば増えるほど不利になると言われており、会社側からすると一人の人を雇ってから育てるまでのコストがかかるので、あるレベルにまで達したところで辞められてしまっては困ります。

転職回数が多いとそれだけで仕事を長く続けることができない人であるというイメージを持ってしまうので、雇い側も一つの判断材料となっているのですが、職種によって転職への考え方については異なってきます。

it分野は他の職種に比べると離職率が高いので自ずと転職率も高くなっているので、過去に転職をしたことがあっても新たに転職することができる可能性は十分にあります。

離職率の高さから人手不足に陥っているところも少なくないので、求人が決まりやすい場合もありますが、少しでも条件が良いところで働きたい場合は希望する条件のところで働くことができない可能性も出てきます。

これは一つのところで長らく続いている場合だとそれだけ一つの分野に対しての知識やスキルが優れていることの証明にもなるので、単に仕事を辞めやすいかどうかの指標だけでなく所有しているスキルという点でも信頼度が高くなります。

ただし、転職回数が多いからと言って必ずしも不利になるわけではなく、さまざまな仕事を経験したことによって得たスキルを前面に出してアピールポイントにすることでプラスの評価をしてもらうことができることもあります。

it求人を出している会社にもいろいろなタイプがあり、メーカーから中小企業などがありますが、いずれの場合も転職回数が多いからと言って絶対に転職をすることができるというわけではなく求人を探していくと働くことが可能なところは多くあります。

また、it業界への転職は年齢によっても条件が異なっており、特に年を取っている人ほど離職した回数が増えるのに伴って新たに仕事を見つけることが難しくなります。

転職回数が多い場合はそれをカバーするだけのスキルを身につけることが必要です。

ITの転職でキャリアアップに必要なこと

一つの職場で長いこと続けることは持続性があって良いという印象があり、実際に転職をする場合においても一つのところで長く働いている人というのは転職回数が多い人に比べても重宝される傾向にあります。

特にit分野の場合は一つのプロジェクトと何カ月や何年という単位もかけて成し遂げることになるので、長く働いているということはそれだけプロジェクトへの参加や一つの仕事を成し遂げているという経験値の高さが優遇されます。

一方で、同じところで長らく働いているとマンネリ化してしまうというのも実際のところであり、これから何十年と働いていくことを考えるとこのままで本当に良いのかという気持ちも芽生えてきます。

そのような場合にキャリアアップを図ることを目的として転職したことによって成功を収めたという事例も多いので、自分磨きをするためやより高待遇のところで働くためにもキャリアアップという点に注目して考えることをおすすめします。

キャリアアップを図る上で今後のit分野の需要や供給の部分になりますが、東京オリンピックが控えていることもあってインフラ構築の分野においては非常に需要が増える見込みなのでキャリアアップを図る上ではおすすめの分野になります。

新たに資格を取得するという方法もあり、itに関連した資格は実に多くあり基本情報技術者や応用情報技術者などの資格を保有することによって働く先の選択肢が増えます。

資格を取得する中で必然的に学習が必要になりますが、必要なスキルを身につける中で自分の適性を知ることができるようになるので、そういった観点からも資格取得をすることのメリットはあります。

キャリアを積んでいくことを目的として転職をする場合は転職エージェントの利用がおすすめです。

このサービスは自分の適性をプロに判断してもらうことができるため自分のスキルから成長できそうな分野をプロに見てもらって合っている仕事を紹介してもらうことが可能です。

ITエンジニアへ転職してやっていけるか?

ITエンジニアは全国的に人手不足ということや、専門学校や大学を卒業してなくても自分自身でスキルを身につけて売り込むことによって働くことができるというのも魅力的となっています。

以前はミドル世代までが限界と言われていましたが、昔に比べて生活インフラやIT通信の需要拡大などによって需要は増えているので、今後も仕事としては無くなることがない分野です。

30代や40代になってこれまでの人生を振り返って今後同じような人生を送るか、それともit分野に新たに転職をして新たな可能性を見出すか悩んでいる人もいますが、家族がある人は特にITエンジニアに転職することによってやっていけるか不安に思うところです。

itの仕事は相手がコンピューターになる仕事が多いので目や肩、腰などへの負担が大きいので年を取ってくると確かに仕事はかなりきつく感じるようになりますが、日頃から適度な運動をすることや仕事による目の疲れを取り除くことによって身体的には十分に続けることができます。

itの仕事はストレスが溜まりやすいと言われており、特にITエンジニアになるとプロジェクトの責任者的な役割を果たすことができるので、精神的な負担についてもかなり大きくなってしまいます。

肉体的な部分よりも精神的な部分の方が離職の理由としては多くなっていますが、これについては日頃から積極的に同じ会社の仲間とコミュニケーションを図ることやストレスを発散させる環境を作ることが大切です。

ITエンジニアへ転職していつまでも仕事をすることができるかどうかはその人の努力次第であり、向上心を持って日々の業務に取り組んでスキルを身につけようとする人であれば生涯を通して天職で働くことができます。

また、得意とする分野で働くことが長続きするためのコツになりますが、ITエンジニアは全体を見通す多角的な視点や他にも工程の遅れをカバーするなどの応用力も必要になるという点についても気をつける必要があります。